バランス×ニンジャ

更新情報・お知らせ

2019/05/10
ちばテレビ取材の様子(5月31日(金)夜10:15放送)NEW
2019/04/21
5月のセミナー情報一覧
2019/04/18
第2回セミナー開催の様子

What's ニンジャ What's バランサー

生活習慣によって衰た体の回復力を正常化する方法を「ニンジャ」と言います。

健康増進に継続的に取り組むなら、「楽しく」を信条にしていただきたい。私たちはそんな思いから日本人らしい強さの象徴 ”忍者” をイメージし、この方法を「ニンジャ」と命名しました。そして「ニンジャ」を理解し普及啓蒙活動をおこなう人たちのことを「バランサー」と呼んでいます。

日本人はもっと健康になれる

健康でいることは、全ての人に共通した願い

生涯健康でいるためには、不調や病気になってから行動するのではなく、健康で元気なうちから未病予防に取り組むことが必要です。日本は、社会環境や医療の進歩により人生100年時代に到達します。日本人にとって、長く生きられることが当たり前になった一方で、生活習慣病の発生率は年々増加傾向にあり、介護を必要としないで生きることは当たり前ではないという状況に直面しています。

ニンジャの役割・メソッド

ニンジャは、人間の3つの基本行動の中で現代の日本人に不足している運動行動をカバーしながら、筋肉と骨格のクセを細部まできめ細やかに調整する方法です。現代の日本人にマッチする新しい健康習慣「ニンジャ」は、『余裕があって粘り強い』『所作、姿勢が美しい』『楽しみながら丁寧に生きる』を可能にします。

かつての日本人は、食事、睡眠、運動の3つの良バランスを保つことで、健康体(ベストバランス)を身に付けていました。ニンジャは、筋骨格のバランス調整をベースに、食事、睡眠、運動の3つの基本行動のなかで現代の日本人に不足している運動のサポートを加えたメソッドです。また、ニンジャは、現代の日本人のために研究開発をおこなったトレーニング整体という日本初のヘルスケアの方法です。

ニンジャによるカラダの回復プロセス

「外ニンジャ」「内ニンジャ」の提供

日本人に質の高いヘルスケアを提供するための 2つのニンジャとは。

外ニンジャの効果

 ・ 全身の運動神経を活性化させる
 ・ カラダ回復の下地づくり
 ・ 4バランスの美バランスをつくる

「外ニンジャ」は、生活習慣でクセがついた筋骨格を人体構造上の正しい位置関係になおす「筋骨格のバランス調整」です。筋肉を既定の方向とリズムで触れて、全身の筋肉にまんべんなく刺激を与えます。

内ニンジャの効果

 ・ 特定筋肉の血液不足緩和
 ・ 全身の運動神経を活性化させる
 ・ 腰仙結合の美バランスを作る

「内ニンジャ」は、食事、睡眠、運動という3つの基本行動の中で不足しがちな「運動のサポート」です。ペアトレーニングや体操で、五体をまんべんなく動かして全身の筋肉に刺激をくまなく与えます。

外ニンジャと内ニンジャにより回復力が正常に機能する

4バランスと腰仙結合

人体が正常に回復するために不可欠なには、「4バランス」と健康体(ベストバランス)の鍵である「腰仙結合」の良バランスです。これは、私たちが長年にわたって、人体に本来備わっている回復力を正常化するカラダの仕組みを研究してきた結果、辿り着いた答えです。

軽度、短時間のトレーニングと筋骨格のバランス調整により、腰仙結合のバランスにアプローチすることで、生活習慣のクセと筋骨格のクセによって衰えていた、カラダ本来の回復力の復活を図ります。

バランス×ニンジャの目指すところ

「ニンジャ」は、現代の日本人に「忍者」のようにしなやかで強いカラダを目指してほしいという願いを込めて名付けたメソッド

私たちは「ニンジャ」が健康の代名詞として、老若男女問わず日本人に広く親しまれるものになることを願っています。バランサーは、日本人がもつ潜在的な健康バランスに着目し、生活習慣と人体構造のWのバランスをコントロールすることで、カラダに本来備わっている回復力が、正常に発揮される状態へと導きます。

バランス×ニンジャは、日本人が楽しみながら健康体(ベストバランス)を身に付けるためのプラットフォームとして、またバランス×ニンジャは、日本人の日常生活のなかに運動行動と筋骨格のバランス意識を溶け込ませるためのプラットフォームとして、人、企業、社会地域を繋いでいきたいと考えております。これからは、未病予防の時代です。バランサーと共に、「ニンジャ」で痛みの解消と未病予防に楽しく取り組みながら、日本人にふさわしい真の健康体(ベストバランス)を目指していきましょう。

治療家の皆様
バランサーとして共に日本を変革しましょう!

痛み解消と未病予防のカラダ回復の術
「バランス×ニンジャ」プロジェクト始動
共に2050年介護ゼロの日本を目指しませんか?

Facebook Instagram twitter ameblo